Gは疲れていると言いつつ、こんな講演会にも行っています。

新聞のコラムなどで頷きながら読んでいますから、肯定的なのでしょう。

お母さんは受容的ではありません。

 

      

 

話してることは「間違っていない!」と言いつつ、期待を満たすところでは無かったようです。

確かに北海道のニュアンスを感じさせるものもありましたが、声と口調が「ちょっとねぇ〜」だったようです。

<佐藤(優)さんに「香山さん、まだ洗礼を受けないんですか?」と尋ねられる。>そんなところなのでしょうか。

 

       

 

図書館で1960(昭和35)年の新聞を見てはコピーしているGです。

6・23は飛ばして、「第15回全道展」の記事を確かめているのです。

『ワオワオワオ〜ン(好きですね〜)』

 

        

 

気温は低いのですが、日が照るとちょっとウッドデッキに出て見ます。

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL