スケッチブックなどの中を覗くと…。

 

 

 

こんなものがありますが、日記には…。

 

S58/1/18

なんと言っても絵を描くことが好きで、無心というか無我夢中で描くことによってすぐれた作品が生まれる。

・年を取っても感動する力がなければいけない。

・やはり感動のない、技術だけに頼るもの義務感だけのものではだめだ。

生きる力のある底辺に生きる人に共感や感動を!

S58/2/1

(略)

・強いものを個性のあるものを、強い信念にうらうちされたものを作らねばならん。

ことしは何としてもいい仕事をしなければならん。

ちょろちょろと風景なんぞ描いていていいのか?

みんなにいいネといわれる絵を描いていたのでは、だめになってしまう。

岡本太郎氏のことばが理解できるような気がする。

 

 

 

デッサンというよりメモ(手控え)ですね。

 

 

 

 

 

S58/2/25

(略)

年度の反省。形式的で管理的で、生徒だけがが悪もので教師の取り組みはどうなのか?

もっと生徒の立場に立った指導はないのか!

 

 

 

「教員画家」という言葉と実態がわかるかな?

 

 

 

S58/3/1(火)晴

確定申告。

幣舞橋の上に夕陽。河岸の水たまりにうつりとてもきれい。

パラパラと雪が舞う。

ゴメがかわいい、胸の白さがとてもきれい。

 

と、綴っています。だって。

私は『ウゥ〜(う〜む)』だなぁ。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL