本州からご心配の電話(&メール)が入って、状況が次第に飲み込めました。

Gは午前3時過ぎの震れに目が覚めましたが、「ちょっと長いなぁ」と起き上がることもなく、また眠りに落ちていきました。って。

私とお母さんが散歩に行って、民生委員のおじさんにあって「大変だった!これから続くよ!!」と聞いてきました。

帰宅すると、ほんと大変。TVのスイッチは入らない(停電だも当たり前!)からニュースが見られない。

どうなっているか分からないうちに朝食(温めることのないもの)を済ませ、携帯ラジオを探す。

O氏より「停電長引きそう!」のメールで、”電熱キッチン”ではお湯も沸かせないのでカセットコンロ購入を決めました。

 

      

 

なんと!長蛇の列。(これは2回目に行った時の様子)

諦めました。お母さんのお知り合いに借用を申し出ました。

 

      

 

すると、ご心配いただいて夕食はご馳走が届きました。

オイルランプは大活躍。

 

ななんと、PM7:40 停電回復。

TVニュースで被害状況がつぶさに把握できました。

「ご心配いただいた皆さん、ありがとうございました。」

それにしても「ブラックアウト」、危うい現実を突きつけられた感じ!ね。

 

今朝、釧路市内でも停電復旧が未だの地域があることを知りました。

デイケアもお休みの連絡が入りました。

 

 

 

シュウメイギクが咲いていました。パイナップルミントも伸びています。

 

     

 

カサブランカの終わりです。

 

「桜ヶ丘は停電です。」とW氏。

携帯の充電と炊飯器が人助けになりました。

『ワワワワワン ワワワ ワンワォ〜ンワン(1日も早い復旧を)』

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL