閉院していた裏のO医院が解体されることになりました。

大きな木が何本も切られています。

これも「歴史」でしょうか。(画像が逆さまになるのでcut!)

 

           

 

Gはデイケアから帰宅して、カサブランカにビックリ。

満足、満足!。『ありがとうございました。』だって。

 

     

 

Gの仮縁の着色も一段落らしいです。

 

 

 

<…また「制作は、余技でも趣味でもなく生活そのものである。職業人としての自分、創造活動に立ち向かう自分、いずれも厳しい生活の連続であり闘いである。複雑な情勢の渦中にあって真に生きたい、そんな叫びを作品に発表する」。こう述べた創立当時の出品目録の一文は、ノワールの存在の精神となっており、脈々と流れてきたはずだ。(略)ノワール美術協会事務局長川瀬敏夫>

Gもそんなことを考えていたのでしょうか。

 

       

 

私は何んにも言うことはありません。

学習講演会にお出かけのGです。

『ワンワワ ワ ワォ〜ン(行ってらっしゃ〜い)』

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL