朝、出がけに”牡丹”が気になって、「一眼見に行く」といったGです。

ライラックが満開の釧路です。

手前は薄く、奥は濃い紫ですね。ライラックは花の香です。

 

       

 

葉には球状の水滴がいくつも零れずに光っています。

 

 

 

蕾の牡丹が見られて喜んでいるGです。カァコは逃げて行きました。残念!

 

 

 

なんとも、言葉にするのを躊躇われる。詩人て、凄いですね。

 

      

 

牡丹の向こうは鉄扇です。クレマチス(カザグルマ、テッセンなどから改良された園芸品種が多い)ですか。

 

 

 

次から次へ新しい花が咲いています。

鉢植えのドングリも可愛らしいです。楢・柏の区別はちょっと難しいなぁ。

中札内村のは”カシワ林”となっていました。

 

 

 

下の写真、左手の縦に白い斑入の植物をT子さんに分けていただくそうです。

Gは気に入ったようです。

白い菖蒲を見ながら、我が家の杜若はどうか心配もしています。

 

    

 

「患者会役員会の前に庭を見て、心が和んで、少し穏やかに議論した」と言っていますがどうですか?!。

 

    

 

お母さんは私の抜け毛を拾っています。

寒いのでお出迎えはここからで失礼します。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL