「予定」をよく忘れるお二人ですが、何故か忘れないものもあるのはどうしてでしょう。

土曜日は”釧路芸術館”で打ち合せ、Gはチョッと緊張して行きました。

午後は市民講演会を患者会の会長さんとご一緒したようです。

 

 

 

セキチクがこんなに立派に繁茂しています。

また、涼しい日に戻っています。

ウッドデッキからはすぐにお部屋に戻る私です。」

 

  

 

いつのまにかタンポポも綿毛を飛ばし始めています。

 

        

 

日曜美術館を見て、サッカー観戦に行ったGです。

私は今回は遠慮いたしました。

 

     

 

koujinkaiチームは1:3で敗戦でしたが、前回よりゲームになっていました。

 

     

 

Gはサッカーが好きなんですね!『ワオワオ ワオ〜ン(ご苦労さん)』

 

帰宅したGは、日曜美術館の「モネ展」で気になったマーク・ロスコ(1903/9/26〜1970/2/25)について調べていました。

今年の部屋のカレンダーはマーク・ロスコです。

 

 

 

「海水浴場もしくはビーチ」(1933〜34)、「無題」(1942)初期の作品。

 

 

 

「海辺のゆっくりした旋回」(1944〜45)、「No18」(1948)。

 

 

 

「マルチフォーム」(1948)、「緑と栗色」(1953)、幾つかの施設(美術館)に<ロスコ・ルーム>があります。

Gは行きたいみたいです。

「ロスコが語る言葉はなかなかイイ」とG申しています、が本当かな?!

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL