釧路山草会の春の展示会が開かれました。

聞きしに勝る大盛況で、Gは3Fで時間を過ごしてから入場しました。

 

 

 

”生きている作品”なんです、ね。

「鑑賞はどうあるべきか」と、考えるのは邪道でしょう。

 

 

 

ウスユキソウと八重のオオバナノエンレイソウかな。

 

 

 

T子さんとS子さんの作品です。この日に合わせて咲き揃えるのは至難ですね。

堀文子さんが「植物の尊厳」と言ってましたが、それと向き合うお二人の生き方に敬服いたします。

 

        

 

Gもクロユリ、ホトトギス、リンドウを購入し、庭に植えました。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL