《ラスコー洞窟壁画展》を観てきたご夫妻に、これを是非!と紹介したGです。

先のシンポジュームで通訳をしていた青年が解説してくれました。

 

 

 

押し付けがましいところがGの”短所”です。

『ワオ〜ンワワン(ゴメンナサイ)』

 

 

 

【ワンロード】の取組みとアボリジニ・アートの系統的展示と作品群に満足されたようです。(図録も購入されました。)

 

 

 

帰宅して「ヒトはなぜ絵を描くか」の本を出して来て、更に話をしていました。

私には興味が無く、話の外に置かれているのが不満でした。『ウ ワン(不満)』

 

 

 

【文明批判】を実証的に学ぶことの意味も考えているようですが…、《色から入ることが勝っている》Gは愉しさが先行しているようです。

 

 

 

4/22の講演会の整理番号はゲットしているGです。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL