花の名前も覚えられなくなっているGとお母さんです。

【花を見て、何を思うのでしょう。
<学級通信の題名に「せんせいははなのなまえ をおぼえろという/だけどわたしはおぼえたくない」というのがありました。>
Gは花の名を知る、覚えることも肯定的です。でも、知った端から忘れて行きます。
言葉でなぞって、置き換えて思いが深くなることもあります。
鉛筆で描いて、色を付けて考え着くこともあります。】(2015/8/13)

と書いていましたっけ。

 

 

 

T子さんの庭に咲いた<シラネアオイ>(右)を確かめに行ったGです。

<シラネアオイは力強くこぶしを上げるように芽を出し、大きな2枚の葉に包まれた蕾をのぞかせ、すっきりと立ち上がって、紫色の萼花弁が4枚ある大きな花を咲かせます。北海道から本州中部以北の深山や亜高山、高山帯下部の林床に多く見られ、日本を代表する人気の山野草です。>

とのことです。

 

 

 

キバナカタクリ(エリスロニウム・パゴダ)。

パコダなのかバコダなのか、pagodaでした。

ニリンソウ、花びらが8枚ある(八重?)ものもあるのですね。

千差万別なのですね。

<価値観はその人個人のもの。千差万別でいいはずです。(堀文子)>

 

Gはこのところ「患者会」の在り方についての協議に加わっています。

事実の認識を一致させることにも、行ったり来たりしながら時間がかかります。

従って、「有るべき在り方」の理解は色々です。

まして、法人と患者会の利害に関わって合意を作ることは至難です。

「対費用効果」と障害者のQOLは相容れない矛盾でしょうか。

「収まりどころを探る」など、Gの最も苦手なことです。

それでもお仲間の言葉に目が覚まされ、「思案投げ首」のこの頃です。

『ワオワ〜ワン(ごくろ〜さん)』

 

北海道の春ですね〜、富良野の山々は残雪、平地は緑みどりです。

 

     

 

滝川のMさん家で、お調子に乗って”ワン”なんて吠えちゃって、顰蹙を買いながらも猫ちゃんの餌をGet!

 

        

 

札幌は雨が降ってきて、涼しかったワン。

GはM夫妻と美術館。「ブリヂストン美術館展」、「フランク・シャーマン コレクション」を観ました。

感想は長くなりそうなので Cut!

私とお母さんは前田公園に行ったけれど、雨で楽しめなかったワン。

 

 

 

Gはキタラで「舘野泉ピアノ・リサイタル」、”ヴィオラと左手のためのソナタ”も好かったとの感想です。

 

夕食に遅れて参加のGですが、K子さんとお母さんのデザートはボリューム満点。

 

 

 

翌日も雨だったので映画鑑賞「モリのいる場所」の後、私とGは芸術の森美術館。

お母さんはお買い物。美味しいサンドウィッチのランチだって。

 

 

 

スウェーデンの陶芸作品etc. <リサ・ラーソン展>。

 

 

 

子ども連れの鑑賞者も目立つ展覧会で、Gはまずまずの評価でした。

 

       

 

もう帰る日です。

モーニングコーヒーの後、映画<米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー>をGとお母さんは観ました。

多くの人に知って欲しい歴史の事実、不屈の闘い沖縄の、不屈の人”瀬長亀次郎”です。

 

 

 

 

追分の<ドッグラン>、私の尻尾が下がっています。恥ずかしい。

 

 

 

十勝平原サービスエリアで小休止しました。

以上、雑駁な報告で〜す。

久しぶりの泊を伴うお出かけです。

この時期でなければ、車中泊の私が困りますから…。

 

 

 

新しい鉢植えに精を出すGです。

cc-opの宅配で買った苗です。

どんな花が咲きますことか、楽しみですね。

 

今年の我が家の桜は十分”お花見”の対象です。

お母さんはタンポポと格闘中、私は見守りです。

 

 

 

2011年3月、【風吏のつぶやき】(ちなみに2010年開始)に斉藤和義の「ずっと嘘だった」の動画が載っています。

何を思ったか、Gが斉藤和義のライブに出かけました。

 

 

 

予想通り、会場は”総立ち”でした。と。

撮影/録音厳禁(良くマナーが守られていました)なので、「ご想像」ください。

カッキリ演奏開始はGood。照明(lighting)に関心があったGですが、(演出上か)前半は拍子抜。

後半は音響(sound)も楽しめ、ギターが《切なくecstasy》だったようです。

聴衆は30代、40代は中心で70%が女性でした、とです。

「芸術と市民(人民)」に目下ご執心のGですが、何を思っているのか?。

『ワワン ワワ ワン(また、行くの?)』

 

やはり、フランシスコ・デ・ゴヤに惹かれるGです。

『異端審問の法廷』から深く読み取ることがあるようです。

 

      

 

 

ついに我が家の桜も開花です。

 

 

 

で、お花を買いに行きました。

プランターに苗を植え込みました。

 

       

 

私が左の水色の花を一つ二つ、咥えてはポイしていたらGが怒りました。

お母さんは『一つ二つ、いいでしょ。』と寛大でした。

 

荷物が届いて、開けて見るとフォトブックでした。

<TOKI & SU in BE >です。

 

 

 

一年間の記録がダイジェストになっています。

 

 

[ my365 ] ですから、30ページに選択するのには苦労があったでしょう。

載せておきたい文章もあったよね。

”朱鷺&朱雀”の成長は楽しみですね。お姉さん頑張って!。

 

        

 

「看護師の心の世界について聞いた。…「感情労働」…。いまや働く人のほとんどが感情労働者であり…。」

Gがいつもお世話になっている介護士さんも重なるところがあります。

「認知症と怒り」は自覚しているGですが、行為の改善にはクリアすべき課題が山積ですねぇ。